制度を活用しよう!

妊娠中でお腹の大きなママ

 

妊娠、出産、育児に関する様々な給付金や制度をまとめたカテゴリーです。。出産費貸付制度について、高額療養費制度が利用できるケース、育児休業給付金の申請方法、生活保護の受給…。様々なものがありますので、制度をうまく活用して、お金をセーブしましょう。

 

妊娠したけど、お金がない。出産費用が払えない。そんな場合は、出産一時金をもらうまでのあいだ、金融機関でお金を借りるという方法があります。この方法であれば、妊娠、出産にかかる費用だけでなく、当面の生活費にも利用できるため、非常に助かります。

続きを読む

妊娠、出産、育児に関する給付金と制度。申請方法や金額について記事一覧

出産を行うにもお金がかかり、しかも、健康保険が使えません。そのため、出産費用がかなりかかることになります。出産が行われたら、後で出産育児一時金が支給されますが、それまでのつなぎとしてお金を借りることができます。それが出産費貸付制度です。この制度は、貸付金額が1万円単位で、出産育児一時金の8割相当の額を上限に貸付を行うことができます。出産育児一時金は42万円のため、貸付額は最大で33万円ということに...

高額療養費制度とは、保険内診療において1か月の医療費負担が高額になる場合、一定の自己負担額(所得に応じて変わります)のみ支払い、残りは加入している健康保険の保険者が支払ってくれるという制度です。この仕組みにより、加入者の経済的な負担が減り、安心して治療を受けることができるのです。70歳未満の場合、自己負担額は以下のように定められています。年収1,160万以上252,600円+(医療費−842,00...

医療費が一年間に10万円以上かかったときには、確定申告をすることにより、税金が戻ってきます。この手続きは医療費控除と言い、家族全員分の医療費が対象となります。妊娠・出産費用もこの控除の対象となっており、それらがあった場合には、税金が戻ってくる確率が高いと言えるでしょう。なお、手続きをしなければ戻ってくることはありませんので、注意が必要です。また、控除の対象となる金額は、所得が200万円以下である場...

失業して新たな仕事が見つかるまでは通常、失業給付金というのがもらえます。無給になってもその制度のおかげで生活の心配をすることなく就職活動をがんばることができるのです。ただ妊娠をきっかけに仕事をやめた場合は小さな赤ん坊を抱えたまま、すぐに就職活動は始められません。ですが失業給付金をもらうことはできるのです。失業保険受給要件としては、受給期間の延長手続きをすることが必要です。必要書類を提出して申請妊娠...

生活保護は、様々な理由によって生活が困難になっている人に対して行われる、最低限の生活を保証する制度のことを言います。簡単に言えば生活保護費を支給することで、困窮している生活を立てなおしたりする事を目的としているものです。ただ実際には、誰でも受給することができるわけではなく、その世帯自身がこの制度を受けることができる条件を満たしていると判断された場合にのみ支給されるものとなっています。では、妊娠中に...

育児休業給付金は産後、最長で1年6ヶ月まで延長することができます。これは、育児によって仕事に従事できない人に、給与の代わりに支給される制度のことです。基本的に生まれた赤ちゃんが1歳を超えるまで、夫または嫁が会社に育児休業を申し出ることで所定の期間は休みを取ることが可能となります。しかし、原則的に会社からの給与は支払われないため、本人が加入している雇用保険から生活のサポートとして支払われるのが育児休...

育児にはたくさんのお金がかかります。お金がない、そんなときは公的な補助金を上手に活用しましょう。国が給付する補助金制度の給付額や申請方法対象者支給月額(1人あたり)児童手当中学校修了前までの児童と保護者15,000円〜10,000円特別児童手当心身に障害のある20歳未満の児童と保護者51,450円または34,270円児童扶養手当18歳未満のひとり親世帯の児童と保護者3,000円〜42,290円児童...