重症妊娠悪阻、子宮頚管無力症、妊娠高血圧症候群、切迫早産、切迫流産など

妊娠中でベッドに横たわる女性

 

高額療養費制度とは、保険内診療において1か月の医療費負担が高額になる場合、一定の自己負担額(所得に応じて変わります)のみ支払い、残りは加入している健康保険の保険者が支払ってくれるという制度です。この仕組みにより、加入者の経済的な負担が減り、安心して治療を受けることができるのです。

 

70歳未満の場合、自己負担額は以下のように定められています。

 

年収1,160万以上 252,600円+(医療費−842,000円)×1%
年収770〜1,160万円 167,400円+(医療費−558,000円)×1%
年収370〜770万円 80,100円+(医療費−267,000円)×1%
年収370万未満 57,600円
住民税非課税 35,400円

(厚生労働省HPより)

 

通常の妊娠・出産においては自費診療となるため、基本的にはこの高額療養費制度の対象にはなりません。しかし、妊娠中・出産時のトラブルで保険適応の治療が行われた場合には、対象となることがあります。

 

例えば、重症妊娠悪阻、子宮頚管無力症、妊娠高血圧症候群、切迫早産、切迫流産などは、入院安静や手術等が必要となり医療費が高額になれば、高額療養費が適用できる可能性があります。

 

また出産時においても、帝王切開になれば、高額療養費制度が適用となります。

 

ただし、対象となるのは保険内での治療によるものだけで、妊婦健診の費用などは対象外です。

 

高額療養費制度の申請方法

 

申請方法には2種類あります。1つ目は事前に限度額を超えると予想される場合です。

 

その際は、前もって加入している健康保険の窓口で申請書をもらって手続きをし、限度額適用認定書を交付してもらいます。病院での支払い時に、その限度額適用認定書を提示すれば、医療費の支払いが限度額までとなります。

 

2つ目は、緊急帝王切開などで予想外に高額医療費制度の対象となった場合です。

 

その際は、自分で一旦全額を支払うことになりますが、必ず領収書をもらっておきます。そして、加入している健康保険の窓口で申請に必要な書類と領収書をそえて、手続きをします。後日、自己負担額を超えた金額分が指定した口座に振り込まれます。

 

 

妊娠、出産。お金がない場合の対処法はこちら。

 

関連ページ

出産費貸付制度
出産費貸付制度をもらうための具体的な申請方法、必要書類をまとめています。なお、出産育児一時金の8割(42万円)が上限のため、貸付金額は最大で33万円です。健康保険料の滞納があると支給されない場合があります
確定申告で医療費控除する方法
妊娠・出産費用を医療費控除する方法をまとめました。確定申告の注意点も記載しています。妊婦健診非・入院費や分娩費用、通院費、不妊治療費や人工授精の費用などは医療費として認められます。逆に、妊娠検査薬、里帰り出産の交通費、本人の希望による差額ベッド代、通院ガソリン代などは認められません。
妊娠した時の失業保険
妊娠した時の失業保険をもらうための要件をまとめました。妊娠・出産で退職後にハローワークで失業給付金を受け取る方法、必要書類、もらえる金額の計算方法など細かくまとめています。また、夫の扶養に入ると失業保険はどうなるの? といった疑問にも答えています。
生活保護
妊娠中に生活保護は貰うことができるのでしょうか。あるいは、それを受給している間に妊娠や結婚した場合、母子家庭や、未成年の場合はどうでしょうか。生活保護と妊娠の関係についてまとめてみました。
育児休業給付金の申請方法
育児休業給付金の申請方法、給付期間を、わかりやすくまとめました。大手の企業と、本人で手続きする場合の流れや、退職した場合の給付の有無、延長方法も紹介しています。
児童手当と児童育成手当
育児に関する補助金や助成金は、上手に活用して、お金をセーブしたいところ。そこで、国が給付する育児手当、児童扶養手当や、自治体が給付する児童育成手当について、それぞれ説明しています。違いがわかりにくい方は比較していただければ幸いです。