育児休業給付金をもらうには。申請方法、退職した場合、延長方法など

赤ちゃんが指をくわえる

 

育児休業給付金は産後、最長で1年6ヶ月まで延長することができます。これは、育児によって仕事に従事できない人に、給与の代わりに支給される制度のことです。

 

基本的に生まれた赤ちゃんが1歳を超えるまで、夫または嫁が会社に育児休業を申し出ることで所定の期間は休みを取ることが可能となります。しかし、原則的に会社からの給与は支払われないため、本人が加入している雇用保険から生活のサポートとして支払われるのが育児休業給付金となります。

 

当然ながら自動的に支払われるということはないため、所定の手続きを経て申請する必要があります。

 

申請方法は大きく2つのパターンが存在し、福利厚生のしっかりした大手の企業では、本人に代わって会社が手続きをしてくれることもありますが、ほとんどは会社が書類だけを用意し、自分で申請をすることになります。

 

本人で手続きをする場合は、用意された書類に必要事項を書き出し、会社で確認を取ってからハローワークに提出します。

 

前述の通り雇用保険からの支給となるため、育児休業で会社に迷惑はかけられないなどと考えて退職した場合は支給されることはありません。

 

また、受け取っている間に退職することになった場合は、1ヶ月ごとに支給されることから、退職日となる月の前の支給対象期間までが支払われるという決まりです。

 

ちなみに、申請するまでの期限は育児休業開始の日から4ヶ月を超過する月の末日までが提出期限となっており、これを経過した場合は認められなくなるので注意しましょう。

 

育児休業給付金は原則的に赤ちゃんが1歳になるまでとなっていますが、パパママ育休プラス制度を利用した場合は1歳2ヶ月まで、保育所に入所できないなどの事由がある場合は1歳6ヶ月までの延長が認められています。

 

延長方法は申請と同じくハローワークに出向き、延長の理由となる確認書類を提出することで可能となります。

 

保育所に入園できない場合は入所不承諾通知や入所申込書の写しを用意し、職員に提出することで申請を受け付けてもらえます。ただし、認められるかどうかはハローワークの裁量次第となっています。

 

 

妊娠・出産費用が払えないときはこちら。

関連ページ

出産費貸付制度
出産費貸付制度をもらうための具体的な申請方法、必要書類をまとめています。なお、出産育児一時金の8割(42万円)が上限のため、貸付金額は最大で33万円です。健康保険料の滞納があると支給されない場合があります
高額療養費制度
通常の妊娠・出産においては、高額療養費制度を利用することはできません。ただし、重症妊娠悪阻、子宮頚管無力症、妊娠高血圧症候群、切迫早産、切迫流産など、あるいは帝王切開などは適用できる可能性があります。
確定申告で医療費控除する方法
妊娠・出産費用を医療費控除する方法をまとめました。確定申告の注意点も記載しています。妊婦健診非・入院費や分娩費用、通院費、不妊治療費や人工授精の費用などは医療費として認められます。逆に、妊娠検査薬、里帰り出産の交通費、本人の希望による差額ベッド代、通院ガソリン代などは認められません。
妊娠した時の失業保険
妊娠した時の失業保険をもらうための要件をまとめました。妊娠・出産で退職後にハローワークで失業給付金を受け取る方法、必要書類、もらえる金額の計算方法など細かくまとめています。また、夫の扶養に入ると失業保険はどうなるの? といった疑問にも答えています。
生活保護
妊娠中に生活保護は貰うことができるのでしょうか。あるいは、それを受給している間に妊娠や結婚した場合、母子家庭や、未成年の場合はどうでしょうか。生活保護と妊娠の関係についてまとめてみました。
児童手当と児童育成手当
育児に関する補助金や助成金は、上手に活用して、お金をセーブしたいところ。そこで、国が給付する育児手当、児童扶養手当や、自治体が給付する児童育成手当について、それぞれ説明しています。違いがわかりにくい方は比較していただければ幸いです。